育毛剤と育毛剤の効果、種類について

髪の毛が細くなったり、分け目が気になったりすることに悩んでしますか?そのとき、髪の毛の状態を改善するために、育毛剤を使用するのはお勧めです。育毛剤とは髪の毛の成長を推進する成分を含む製品を指します。また殺菌作用、保湿効果などを含む製品もあります。ここから育毛剤と育毛剤の効果、種類について紹介します。
髪の毛は毎日一定のサイクルで間断なく抜け変わっています。髪の毛には毛母細胞という細胞があり、髪の根幹にある毛乳頭から栄養や酸素ともらい、養分として細胞分裂を繰り返します。毛母細胞の細胞分裂には周期があり、2~6年の周期で成長期(男性3~5年・女性4~6年)→退行期(1~1.5ヶ月)→休止期(3~4ヶ月)→脱毛→成長期という流れは「ヘアサイクル」と呼ばれています。年齢を重ねるとともに、成長期の髪の数が少なくなり、退行期や休止期の髪が増え、髪全体の老化とともに、髪の毛は細くまばらになってきます。また、運動不足、睡眠不足、ストレスや喫煙などにより、毛母細胞に栄養の提供が十分にできず、ヘアサイクルが乱れると、成長途中の髪が抜け落ち、抜け毛が増えています。
育毛剤の効果としては、頭皮に栄養を与えて、頭皮環境を整え、ヘアサイクルを正常に戻すことで、毛母細胞を活性化させ、育毛や発毛を推進することができます。
育毛剤は「医薬品の育毛剤」と「医薬部外品の育毛剤」2種類あります。医薬品の育毛剤は、薬の成分が含まれていて、臨床試験でちゃんとした効果がある医薬品として認められています。育毛効果は非常に高いとはいえ、副作用のリスクもあります。
医薬品と化粧品の間にある種類として、医薬部外品の育毛剤で育毛効果は医薬品に比較すると、効果が穏やかですが、副作用の心配がないのが特徴です。医薬品ほどの即効性はないですが、育毛の効果が期待できる成分が含んでいます。
2種類の育毛剤は効果と副作用に関してそれぞれ特徴があります。育毛剤を利用したい方は、自分の状況によって選択してください。