薄毛に役立つ食べ物の特徴

基本的には、薄毛予防としては食事を見直すことがといっても、何を食べるとどう薄毛に効果があるのか、気になります。髪の毛の発毛を助けたり、髪の毛に潤いを与えたり、頭皮の環境を整えたり食べ物によって様々な効果が期待できるそうです。薄毛に効果的な食べ物とはいったいどんな食べ物なのか、まずはその特徴をみてみましょう!

♣タンパク質に豊富な食べもの

一般的には、髪の毛のほとんどはケラチンというタンパク質からできています。

そのタンパク質は、さらに20種類のアミノ酸で出来ていますが、その内の9種類は必須アミノ酸といわれ、食べ物からでしか摂取することができません。それで、元気な髪の毛を作るには、まず良質なタンパク質が含まれている食べ物をきちんと摂取しなければならないんです!

タンパク質といっても、大豆などの植物性タンパク質と、お肉などの動物性タンパク質がありますが、薄毛対策にはそれぞれをバランスよく摂取することが大切になってきます。

♣ビタミンに豊富な食べもの

タンパク質をきちんと摂取しても、頭皮の環境が整っていないと、髪が育ちづらくなってしまいます。

健康な頭皮には、皮脂と血管の状態が重要になると言われています。 血流が悪いと栄養が行き渡らないですし、皮脂で毛穴がつまってしまうと髪が生えることは期待できませんから。

そこでおすすめなのが、ビタミンが豊富な食べ物です。例えば、ビタミンB6は、皮脂の過剰分泌を防いでくれますし、ビタミンEは血管を広げてくれます。

ビタミンは、種類によって薄毛への効果もさまざまなので、いろいろなビタミンを積極的に取り入れるようにしましょう。

♣ミネラルに豊富な食べもの

ミネラルは、体内で栄養素を吸収させるために必要な栄養素です。 また、髪にうるおいを与えるものだとも言われています。ミネラルといっても種類はいろいろありますが、育毛には特に、亜鉛・ヨウ素・鉄分などが必要だといわれています。

育毛に必要なタンパク質やビタミンを摂取しても、ミネラルが不足している状態だと体に吸収出来ず、AGAに繋がってしまう可能性があるんです。

特に男性は亜鉛が不足しているといわれているので、意識して摂取することが必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です