ツゲインの効果について

ツゲインはインドのシプラ社がAGAの症状を改善するため開発されている育毛剤です。

1日に朝と晩の2回使用します。1回あたり1mgを頭皮に塗って、マッサージをしながら塗り込みます。

塗布した後にはべたつくことがありますので、寝る前に使用することは避けたほうが良いです。

また、その中に配合されている有効成分はロゲインと同じミノキシジルです。

ミノキシジルの働きによって、血管を拡張させることができるので、発毛を促進させるために必要な栄養素を届けやすくなります。

ヘアサイクルの休止期の毛母細胞に働きかけることで、育毛を促進できます。

ミノキシジルが含まれているAGA治療薬としては、タブレットタイプの内服薬もあります。

内服薬であれば直接的に有効成分を吸収できるので、効果が高くなると認可しています。

育毛剤では頭皮の毛穴から成分を吸収しますので、塗布している時間のみの作用となり、内服薬よりも効果が薄いと言えます。

皮膚から成分を吸収するために、副作用の危険性を低くできることが魅力です。

しかし、御注意すべきなのは:敏感肌の方や妊娠中の女性は使用できません。

発毛作用が期待できるのは薄毛の原因がAGAの場合で、円形脱毛症などによる薄毛には対応することができません。

1回の使用してから次に使用するまでに12時間以上の間隔を空けておく必要があります。